協議会案内

会長挨拶

 2014年に、当時急増していた東南アジアのムスリム(イスラム教徒)訪日観光客を受け入れるため、高山市や地元企業と連携して当協議会の前身となる『飛騨高山ムスリムフレンドリープロジェクト』を立ち上げ、お店の人と一緒にメニューを作ったり、実際に観光客と会ってお話をしたりしてきました。
 2021年からは、『飛騨高山フードバリアフリー協議会』と名称を変え、民族、宗教、思想及び体質等に関わらず全ての人が『食』を楽しめるよう、食に関するあらゆるニーズに応えるべく、常に挑戦していきます。

     会長 清水 大地(しみず だいち)

飛騨高山フードバリアフリー協議会とは?

 当協議会は、民族、宗教、思想及び体質等に起因する食事制限の情報を収集・理解し、世界各地及び飛騨高山を訪れる全ての人が、日本の伝統的な料理や飛騨高山の豊かな食材を楽しんでいただくため、観光客の受入れ環境整備を行うとともに、地域産品の輸出支援を行うことで、地域の観光、産業及び経済の活性化と文化の向上を図ることを目的に活動しております。

活動内容

1.民族、宗教、思想及び体質等に起因する食事制限の情報収集

2.産品生産者、来訪者等への情報提供

3.様々な食事制限に対応できる産品の研究・開発(認証取得)支援

4.観光客の受入れ環境整備

5.地域産品の輸出及び地域内流通支援

6.関係機関との連絡及び調整

7.その他必要な事業

協議会情報

団 体 名飛騨高山フードバリアフリー協議会
設 立 日2021年4月6日
所 在 地〒509-3416
岐阜県高山市高根町中洞767番地4
会 員 数12社
出 資 金365,000円(5月10日時点)
役  員会長     株式会社清水弥生堂
副会長    有限会社舩坂酒造店
事務局兼経理 株式会社Ferme du Soleil
会計監査役  十六銀行高山支店兼高山駅前支店

会費

正会員:1口10,000円~

準会員:1口5,000円

加入希望の方は、入会申込書を提出後、指定口座へお振込みください。

【資料ダウンロード】

(令和3年度)

協議会規約_R3.4.6(64KB)

協議会名簿_R3.5.12(29KB)

令和3年度予算_R3.5.10(80KB)

事業概要_R3.4.6(398KB)

入会申込書_R3.4.23(20KB)